×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

「投資信託」とは

「投資信託」とは、株式、債券、不動産などの投資先に対して、短期でお金を運用して収益を稼ぎ出す手法です。
さまざまな銘柄を組み合わせたり、投資先や投資環境にこだわったりして、これらをブレンドした「分散投資」というスキームを指します。

年収5000万円のFXシステムトレード法がこちらで無料公開されています。今すぐに熟読してください。

投資信託と郵便局

「投資信託」といえば、銀行や証券会社で売られている金融商品でしたよね。でも、近頃では郵便局でも販売されているんですよ。
けれども、郵便局で売ろうと証券会社で売ろうと、「投資信託」には変わりはないので、最悪の場合は、「元本割れ」も起こりうるわけですね。
つまり、「郵便貯金」や「年金の積み立て」とは違って、元本を取り崩す可能性もあるってこと。
この点が、「郵便局は安全、安心」と信じている庶民には納得できかねるところ。
でも、「郵便局の投資信託」だからと言って特例はないのです。

1日たったの10分株式投資法!

スポンサード リンク

投資信託と販売手数料

「投資信託」を購入する際に掛かる費用が、「販売手数料」。
「投資信託」の購入者が、証券会社や郵便局などの販売会社に直接支払うもので、通常は、購入額の0%〜3%に設定されているようです。
会社によっては、手数料0%などという信じられない数字も出ていますが、例えば、まったく同じ「投資信託」でも、販売会社によって、違いがあるようです。
1回1回を見れば大した金額には思えませんが、“塵も積もれば、何とやら・・・”の通り。
「投資信託」を取り扱う会社にとっては、この「販売手数料」が非常においしい儲け口なんですね。

あなたも、90日で、投資で儲ける天才になれる! 「ir投資スクール」
Copyright © 2008 投資信託って、おもしそうね